持続血糖モニタリング(CGM)

持続血糖モニタリング(CGM)

当院では持続血糖モニタリング(continuous glucose monitoring: CGM)を外来(日帰り)で導入でき、ご自身の血糖値の変化を詳しく知ることが可能です。

血糖値の測定は指先から1滴の血液を出して、その時の血糖値をみて薬やインスリンの調整を行うことが通常でありました。近年は持続血糖モニタリング(CGM)という血糖値の流れをグラフで経時的に見ることができるようになっています。

食前の血糖値は良いのになかなかHbA1cが下がらない、実は食後にとても血糖値が上昇していたことがCGMでわかることもあります。夜間睡眠中に血糖値が上がっていたり、逆に低血糖になっていたことに気づいていなかったり、経時的な血糖値の流れを把握することは、糖尿病の安全管理、治療について重要な役割を担うようになっています。持続血糖モニタリング(CGM)にご興味のある患者さんは是非、当院にご相談ください。

投稿日:

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2019 All Rights Reserved.