糖尿病内科

武田薬品工業、持ち直す

投稿日:

武田薬品工業、持ち直す

日本を代表する製薬メーカーである武田薬品工業の株価が持ち直している。
5/27、米バイオベンチャーのアルナイラム・ファーマシューティカルズと契約し、「RNAi医薬」の技術やノウハウを使う権利を取得したと公表した。今後5年間、がん領域や代謝性疾患領域の医薬品を開発する場合、アルナイラムが持つ技術を使えるアジアで初めての企業となる一方、武田薬の製品強化にもつながる。
>9日に公表した今09年3月期の連結経常利益予想は、米国のバイオ医薬品会社「ミレニアム社」の子会社化に伴う無形固定資産の償却費負担の拡大や、研究開発費の増加が利益を圧迫し、前期比51.5%減の2600億円と2期連続減益を見込んでいる。・・・チャートを見るとこれは悪材料視されていないようですけどね。

好材料は、これか。

食後過血糖改善剤「ベイスン®錠」にかかる
耐糖能異常を対象とした第3相臨床試験成績について
~第51回日本糖尿病学会で2型糖尿病の発症抑制効果について発表~
5月24日、東京で開催された第51回日本糖尿病学会において、食後過血糖改善剤「ベイスン®錠」(一般名:ボグリボース)にかかる耐糖能異常を対象にした第3相臨床試験の成績が発表されました。生活習慣の改善に加えて薬物治療を行うことにより2型糖尿病発症が抑制されることが、日本人を対象とした臨床試験で初めて認められました。

これって、STOP-NIDDMの日本版ですが、「日本人でのデータ」ということに意味がある。ベイスンは後発品がたくさん出てますが、こういう効能を追加することで先発品としての付加価値を高めていくのでしょう。


(参考)STOP-NIDDM試験は、欧州と北米の耐糖能異常(IGT)者を対象に、血糖降下作用を持つα(アルファー)グルコシダーゼ薬のアカルボース(わが国での商品名:グルコバイ)の糖尿病発症予防効果をみたプラセボ対照無作為化試験(関連トピックス参照)。実薬服用群では3.3年で25%、2型糖尿病の発症が抑制されることが判明し、IGTが“介入可能な病態”であるとの認識を深める結果となった。

おまけ。現在フェーズ3で、期待が持てるものが2つある。武田はまだまだ大丈夫か。特にDPP-4阻害剤は夢の薬と言われてきましたから、市場に出れば非常に大きなインパクトがあるでしょう。
これが期待の新薬!!

-糖尿病内科

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2018 All Rights Reserved.