船橋市の糖尿病専門医・糖尿病指導医による糖尿病専門サイト。

船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医

境界型に対する介入 船橋糖尿病

アカルボース(商品名:グルコバイ)のエビデンス

更新日:

アカルボース(商品名:グルコバイ)のエビデンス

αグルコシダーゼ阻害薬であるアカルボースには耐糖能異常(IGT)からの糖尿病発症抑制および抗動脈硬化作用の2つのエビデンスがある。

1)STOP-NIDDM
耐糖能異常(IGT)例にアカルボースを投与し、糖尿病発症を検討した大規模臨床試験で、食後高血糖の改善により糖尿病と心血管イベントリスクが有意に低下した(それぞれ p<0.0015, p="0.03)。サブ解析では、IMT(頚動脈中膜複合体肥厚)の進展も有意に抑制された(p="0.021)。さらに、新規の高血圧の発症も予防できることが示されている。 The Lancetの論文

2)MeRIA7 :Meta-analysis of Risk Improvement under Acarbose (2型糖尿病におけるメタ解析)
アカルボースが食後血糖を改善することにより心血管イベントの発症を抑制するとともに、トリグリセライド(TG),体重も有意に低下させた。
Hanefeld M. :Eur Heart J 25 :10-16,2004

食後高血糖にともなう血糖変動が血管傷害をもたらす。アカルボースは食後血糖の是正を通じて血糖変動を小さくし、その結果動脈硬化抑制作用を発揮すると考えられている。だから私は心筋梗塞後の2型糖尿病症例にグルコバイを好んで使っている。

-境界型に対する介入, 船橋糖尿病

Copyright© 船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.