GLP-1

GLP-1アナログ 「リラグルチド」の減量効果

投稿日:

GLP-1アナログ 「リラグルチド」の減量効果

代表的なインクレチン、GLP-1 (グルカゴン様ペプチド-1:glucagon-like peptide-1)は、以下の理由で体重減少作用を発揮する。

  • 胃排泄能抑制(胃がいつまでも一杯になり、空腹を感じにくくなり、食欲が落ちる)
  • 中枢性食欲抑制作用(大脳に食欲を感じさせにくくする)

糖尿病薬に体重減少作用があるとどうして良いのか?
それは、(2型糖尿病においては)肥満がインスリン抵抗性の原因になっており、減量によってインスリン抵抗性の軽減が期待できるからだ。GLP-1が大変期待されている理由のひとつである。

さて、このたびGLP-1アナログである「リラグルチド」 ( Victoza/ ビクトーザ )に、非糖尿病患者に対する減量効果が認められた。糖尿病薬としてだけでなく、抗肥満薬としても期待できそうである。何しろ、ただやせさせるだけの薬ではない。血糖の改善にとどまらず、膵臓のβ細胞を保護したり、グルカゴン分泌を抑制するなど糖尿病発症抑制につながる作用がいくつもある。安全性が確認できれば、非常に有益な抗肥満薬となるだろう。船橋市の糖尿病患者さんに福音をもたらすはずである。

-GLP-1

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.