船橋市の糖尿病専門医・糖尿病指導医による糖尿病専門サイト。

船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医

DPP-4 船橋糖尿病

武田の DPP-4阻害薬 アログリプチン 2010年度国内発売か

更新日:

船橋の糖尿病患者さんに朗報 アログリプチン発売

いつも新着情報のチェックに利用させていただいている、drugstore styleさんが「12月10日の気になるニュース」で取り上げられていたが、武田薬品工業が2010年度に新薬を集中投下する。米国FDAに追試を迫られ、ピンチに陥っている武田薬品工業のDPP-4阻害薬「アログリプチン」。(ネシーナ)日本国内での発売は2010年度を予定しているようだ。12月9日の日本経済新聞朝刊13面の記事から引用する。

武田薬品工業は2010年度に3種類の医療用医薬品を国内で発売する。糖尿病薬と抗がん剤、不眠症治療薬で、同社では5年ぶりの国内向け新薬となる。自社開発品と米国の製薬大手からの導入品、買収企業の新薬候補の3種類をそれぞれ10年度中に集中的に投入し、主力薬の特許が今後数年で切れることに伴う売り上げ減少の影響を抑える狙いだ。

(中略)糖尿病薬は米ベンチャー企業を買収した際に獲得し、自社開発の不眠症薬とあわせて主力薬の特許が切れる前に日本で発売できるように自前で開発してきた。(後略)

ちなみに、10年度発売予定の薬剤は以下(日経記事より引用)。
べクティビックス (大腸がん)
ロレゼム     (不眠症)
アログリプチン  (糖尿病)

FDAから思わぬストップがかかったアリグリプチンであるが、2010年度中には国内発売できるようだ。
南の島薬剤師さんのブログによると、DPP-4阻害薬はライバルがこんなにある、大変厳しい市場だ(以下に転載する)。11日にジャヌビア 、グラクティブが発売になったばかりだがこんなに出てくる。船橋市の糖尿病患者さんの選択肢が増えて嬉しい。

DPP-IV Inhibitors DPP-4阻害薬 経口薬

シタグリプチン(メルク):承認済、「ジャヌビア錠」(万有)、「グラクティブ錠」(小野)

ビルダグリプチン (ノバルティス)
デナグリプチン (GSK)
サクサグリプチン (BMS・アストラ)
リナグリプチン (ベーリンガー)
アログリプチン (武田)
テネリグリプチン (田辺三菱)

-DPP-4, 船橋糖尿病

Copyright© 船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.