糖尿病内科

1日3~4杯のコーヒーを飲むことで約25%の糖尿病発症予防効果が見込まれる

投稿日:

1日3~4杯のコーヒーを飲むことで約25%の糖尿病発症予防効果が見込まれる

コーヒーや緑茶による血糖コントロール改善効果は散発的に報告されている。どうやら効果はありそうなのだが、確固たるデータは示されてこなかった。患者からも時々質問されるが、ハッキリしたことが言えずもどかしい思いをすることもあった。コーヒーでもお茶でも効果はあるようだ。

船橋市の糖尿病患者さんに、飲み物は何が良いのかを尋ねられるケースは多い。お茶やコーヒーが良いと答えているが間違いではないようである。

糖尿病を悪化させない、新規発症させないためにはソフトドリンクに代表される糖入りの飲料を避けるようにお話ししているが、コーヒーやお茶をおお勧めするのが悪くないだろう。

-糖尿病内科

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.