糖尿病内科

2250mgまで投与可能なメトホルミン、メトグルコ250mg錠が発売される

投稿日:

2250mgまで投与可能なメトホルミン、メトグルコ250mg錠が発売される

薬局のオモテとウラ さんの記事「メトグルコ250mg錠が新薬収載されるワケ」で詳しく報じられているように、大日本住友製薬から、メトグルコ250mg錠 が「新薬」として発売予定です。

 詳細は上記の記事をご参照願いたいが、とうとう我が国でもメトホルミンを高用量で投与できる日がやってくる。欧米では2500-3000mg/日まで投与可能なのに、我が国では750mg/日の制限が課せられてきた。

 乳酸アシドーシスを懸念しての措置だと思うが、過去にそれで問題となったのは主にフェンホルミン。メトホルミンの乳酸アシドーシスのリスクは非常に低く、その他消化器症状もあるがα-GIのそれに比べれは軽微である。

 腎障害などの禁忌例や、乳酸アシドーシスにつながる低酸素状態を抱える患者(ある程度以上の呼吸不全・心不全等)には使いにくいが、用量依存性に効くため、750mg以上使ってみたいと思う症例は多い。 

メトホルミンは大変安価(代表選手のメルビン250mgは1錠9.7円)なので、もしメトグルコが同額に抑えられれば9錠処方しても9.7×9=87.3円。できるだけメルビンと同水準の薬価にして欲しいものだ。船橋市の糖尿病患者さんにも、大いに役立つだろう。

-糖尿病内科

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.