船橋市の糖尿病専門医・糖尿病指導医による糖尿病専門サイト。

船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医

後発医薬品

アムロジピンの後発品 「RLL」が安い

投稿日:

アムロジピンの後発品に関する興味深いニュース。
某病院の門前ではアムロジピンの後発品がかなり出ている。置いてあるのは「RLL」。「RLL」って一体どこの会社だ?とずっと思っていたが、ランバクシーと提携しているアイロムだったようだ。ここが現状では最も安いようだ。私は自分の外来のかなりの患者さんにアムロジピン(ノルバスク/アムロジン)を処方しており、そのうちの40%くらいが最終的にRLL化していると思う。患者さん一人一人にジェネリックにできることを説明し、希望すれば「ノルバスクとXXXをジェネリックにしてください」と薬剤師宛のメモを患者に託している。当院の処方箋はデフォルトで「後発品に変更可」だが、調剤薬局によっては放置されてしまうからだ。「本当はジェネリックにして欲しかったんだけど、薬局で何も言ってくれないからそのままだった」という人がとても多い。

船橋市の糖尿病患者さんの医療費負担を軽減するためにジェネリック医薬品を使用することは理にかなっている。

アムロジピン、ニフェジピンなどカルシウム拮抗薬で特許切れを迎えているものは多い。そういったものをジェネリックに変えることで、患者さんの負担を大幅に軽減することができる。1割負担の患者さんもそうだし、3割負担ならなおさらだ。

-後発医薬品

Copyright© 船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.