糖尿病内科

糖尿病の改定診断基準、5月の糖尿病学会で正式決定へ

更新日:

5月の糖尿病学会で糖尿病の診断基準が11年ぶりに改定される。血糖値とHbA1cの同日測定で、1日で糖尿病の診断をつけられるようになる点が画期的である。

また、HbA1c値は国際標準であるNGSP (National Glycohemoglobin Standardization Program) 値に統一されるため、現在の国内基準(JDS値)でHbA1cが6.1%の人は6.5%になってしまうようだ。7月から移行開始、年度内に完全以降を果たすという。患者さんにとってはHbA1cが0.4%上乗せされることになる。外来の現場ではきっと混乱が生じるだろうが、いつまでも国内基準に拘ることはできない。粛々とやっていくしかないだろう。

NGSP(%)=1.019×JDS(%)+0.30  ※この式で換算されるそうです。

-糖尿病内科

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.