メディカルツーリズム

糖尿病先進県・徳島県の医療ツーリズム

更新日:

糖尿病先進県・徳島県の医療ツーリズム

糖尿病を克服した徳島県

糖尿病を克服した徳島県

メディカル・ツーリズムでは出遅れ感の強い日本であるが、糖尿病日本一の徳島県では、糖尿病患者を対象とした「医療観光」モニターツアーを開始した。中国・上海から20日に徳島県内入りした。患者や現地の旅行業者ら27人は、3泊4日の日程で糖尿病検査や観光を体験する。560万円の費用は徳島県が負担する。様々な規制はあろうが、これからの時代はメディカル・ツーリズムの市場を無視できない。わが国の医療水準は世界では十分通用するものであり、産業として育成していく必要がある。

例えば韓国では、済州島の自治政府に大きな裁量権を与え、同島では株式会社による営利病院の設立を認める。診断書の外国表記も可能にするなどいくつもの規制を見直す。このような環境整備で先進的な健診センターや医療機関を誘致。最終的に医療関連研究機関も集めて、2015年ごろの完成を目指すという。下記のような挑戦がなされている。わが国でも経済特区制度などを利用して対応しないと世界の趨勢についていけなくなるだろう。

船橋市も油断できない。船橋に糖尿病患者を誘致する必要がある。

-メディカルツーリズム

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.