糖尿病内科

昨年度の医療用薬市場は6.3%増の8兆8968 億円

投稿日:

IMS ジャパンがまとめた市場統計によると、昨年度の国内医療用医薬品の売上高は、薬価改定がなかったことや新型インフルエンザが流行した影響で、8兆8968 億円(前年度比6.3%増)だった。ARBは薬価が高いこともあって、大きな市場になっている。ブロプレスとディオバンがいい勝負で、追撃するオルメテックとミカルディスの市場規模は前2者の半分強に留まっている。シェアの差はまだまだ大きいようだ。ARB利尿剤合剤では4月発売のエカードが20億円だが、発売後数年経つプレミネントは321億円まで伸びているので今後かなり伸びて行くだろう。

ジャヌビア、グラクティブは発売が年末であったにも関わらず大健闘している。今年は相当伸びるだろう。

-糖尿病内科

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.