DPP-4

リナグリプチン (オンデロ)は腎障害例で用量調節不要?

投稿日:

 ベーリンガーインゲルハイムのDPP-4阻害薬Linagliptinの単剤並びに併用療法におけるデータがしめされた。先日お伝えした情報はメトホルミンとの併用がメインであったが、メトホルミン+SU剤との併用、ピオグリタゾンとの併用なども検討されている。

面白かったのは、、軽度~中等度の腎障害のある糖尿病患者と腎機能が正常な糖尿病患者で同剤の血漿中濃度が同程度とのデータも示されたことである。実際問題となるのは「重度の腎障害例」であろうが、他のDPP-4阻害薬は腎障害例に使う場合に用量調節が必要であり、処方の際に注意が必要だ。

メーカー側は、「リナグリプチンが、同クラスの薬剤の中で特異的な薬理学的特徴を持っており2 型糖尿病患者の腎障害の程度にかかわらず、用量調整を必要としない可能性を示唆している」としている。

実際に発売された際、船橋市の糖尿病の腎障害例への用量がどうなってくるのか楽しみである。

    -DPP-4

    Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.