Uncategorized

Linagliptin 腎障害での用量調節が不要

更新日:

Linagliptin 腎障害での用量調節が不要

EASDで、リナグリプチンのP3試験のデータが示された。その中で「腎障害での用量調節が不要」であることがアピールされた。ベーリンガーインゲルハイムのプレスリリースによると、リナグリプチンについては、経口投与された薬剤の概ね5パーセントのみが腎臓を介して排泄されるとされている。また、別の報告でも腎からの排泄は少ないということが示されている。

この点が他剤に比べてアドバンテージになってくる可能性がある。

-Uncategorized

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.