船橋市の糖尿病専門医・糖尿病指導医による糖尿病専門サイト。

船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医

女性医師 船橋糖尿病

医学部の女子比率アップ、防衛医大でさえ38%

投稿日:

医師偏在の解消には出産、子育て世代の女医をサポートすることが重要です。日刊現代の記事に興味深い情報が掲載されていました。
世代別の女医率は30-39歳は29%、29歳以下は36%。医学部の女子比率は佐賀大49%、兵庫医大43%、聖マリアンナ医科大学41%など4割超がたくさんあり、防衛医大でさえ38%といいます。私の母校の自分の学年は約4割で、当時としては女子比率が高かったのですが、今や4割が当たり前のようです。防衛医大の38%は俄には信じられない値です。相部屋の寮生活、06:30 起床・日朝点呼に耐えかねて1年次で退学、私の母校に入り直した者からその厳しさを伝え聞いて来たからです。9年間の勤務義務もあり、女性には厳しそうな環境だからです。時代は変わったんですね。

女医は「5人に1人」に増えたのに現場は人手不足の大混乱
日刊ゲンダイ 2013年12月19日

医師全体に占める女医の比率が19.7%と、過去最高になったことが厚労省調査でわかった。昨年末で登録医師は全国に30万3268人。うち女性は過去最高の5万9641人で、5人に1人が女医になっている。
女医は人当たりもいいし、婦人科系の女性患者にとっては、同性という安心感もあるが、その一方で女医が増え過ぎたことによる弊害も囁かれている。そのひとつが、医師の人手不足だ。医学博士の米山公啓氏がこう言う。
「日本医師会も問題点を指摘していますが、女性医師には出産と子育てという時期が来ます。その際、産休中の女医の穴埋めで、ただでさえインスリン抵抗性の現場が大混乱しているという話を聞きます」
5人に1人が女医と言ったが、出産適齢期の若い世代ほど比率は高い。日本医師会によると、70~79歳で女医は8%だが、30~39歳は29%、29歳以下に限れば36%に跳ね上がる。
さらに大学医学部の女子比率は、東京女子医大の100%は別にし、佐賀大49%、兵庫医大43%、聖マリアンナ医大41%など4割を超す大学がゾロゾロ。あの防衛医大ですら38%だ。

■眼科と皮膚科に偏る傾向も
また、女医は眼科(約10%)と皮膚科(約7%)に偏る傾向があり、肝心の産婦人科も約5%と、男性医師と比率はさほど変わらない。
「救急救命や夜勤などハードな職場は体力が持ちません。必然的に眼科になりました」(都内の女性医師)
実際、医師数は過去最高なのに、外科は2年前の前回調査に比べて753人減、小児科も489人減っている。
さらに都市部への一極集中の問題もある。東京都や神奈川県の女医比率は20%を超えているが、逆に青森県や北海道は13%ほど。地元の医学部を出たのに、就職は東京が圧倒的に多いのだ。
「女医が増えたことは喜ばしいが、産休中のインスリン抵抗性も考慮した定員増が必用です」(米山氏)
女性登用は安倍内閣の成長戦略の要だが、単純に喜んでばかりではいけないようだ。

-女性医師, 船橋糖尿病

Copyright© 船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.