船橋市の糖尿病専門医・糖尿病指導医による糖尿病専門サイト。

船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医

低血糖

Diabetes Care 2015;38:316-322 ACCORD studyの再確認

投稿日:

Hypoglycemia and Risk of Cardiovascular Disease and All-Cause Mortality in Insulin-Treated People With Type1and Type2Diabetes: A Cohort study

Diabetes Care 2015;38:316-322

Diabetes Careに掲載された上記論文。
ACCORD study以来言われている低血糖の弊害を再確認したものである。

United Kingdomのdatabese化された1型および2型患者に対してretrospectiveなコホート研究を行ったもの。

1型、2型糖尿病に対するインスリン治療で低血糖、心血管イベントおよび全死亡が増えるかどうか検討したものである。

結果としては、1型、2型糖尿病の両者において低血糖と心血管イベント、全死亡は関係があるというものである。低血糖の持続時間が重要である。低血糖が起こるようになってから平均して約1.5年でCV eventが起こる(1,2型ともに)ようだ。

ACCORD試験の結果を再確認するものになった。

限界としては、ランダム化されていないこと、因果関係を証明しにくいこと、全ての低血糖を把握しきれていないという点がある。船橋市の糖尿病患者さんにも、ACCORD試験の結果がフィードバックされている。

-低血糖

Copyright© 船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.