産業医

船橋市産業医 ストレスチェック義務化

更新日:

ストレスチェック義務化

ストレスチェック義務化 船橋市産業医
ストレスチェック義務化

平成27年12月より義務化されるストレスチェックとはどういうものでしょうか?
「ストレスチェック」とは、労働者が常時50名以上いる事業場において、労働者に対して医師・保健師等による心理的な負担の程度を把握するための検査です。 「ストレスチェック制度(ストレスチェック及び面接指導)」とは、労働者のストレスの程度を把握することにより、労働者自身のストレスへの気付きを促すとともに、職場改善につなげていく「一次予防」という、職場環境を改善するきっかけにしてもらうことを主な目的にした改正労働安全衛生法に基づいた制度です。 従って、精神疾患にかかった方を早期に発見したり、実際に罹っている方を見つけ出そうとしたりするような「二次予防」を目的とした制度を企業の実施義務に据えたわけではありません。先述のように、ストレスチェックは、労働者が「常時50名以上」の全事業場(法人・個人)において、実施義務が生じます。勤務時間や日数の縛りなく、継続して雇用し、使用している労働者をカウントします。継続雇用中である週1回程度のアルバイトやパート社員も含みます。

平成27年12月以降、毎年1回の実施と労基署への報告が義務化されます。常時使用する労働者が50人以上の事業場では実施が義務化されるのです。50人未満の場合には努力義務にとどまります。実施時期は、経年変化をチェックするためにも、毎年同じ月に実施することがお勧め致します。

ストレスチェック対象者は一般定期健康診断の対象者と同様、常時使用する労働者が対象です。 正社員の4分の3時間以下のパート社員や休職している労働者は実施しなくても差し支えありません。

職場という集団を対象に、組織的な予防につながるような根拠をこの「ストレスチェック」から導き出す。そういった姿勢が求められます。チェックして得られた結果をもとにより働きやすい環境や雰囲気を整備してもらうことが目的なのです。

-産業医

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.