船橋市の糖尿病専門医・糖尿病指導医による糖尿病専門サイト。

船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医

病院再編

紹介状なしの大病院受診 追加負担5,000円超

投稿日:

紹介状なしの大病院受診 追加負担5,000円超

大病院の外来受診を抑制し、勤務医の負担軽減を図る方向で調整が続いています。新たな仕組みは、今月下旬の中央社会保険医療協議会で示されますが、厚生労働省の案では500床以上の大きな病院、特定機能病院が対象になる見込みです。具体的には「特定機能病院」(84箇所)や、500床以上の「地域医療支援病院」(164箇所)が対象になり、病院数にして約250病院です。

追加負担の方針は、政府の社会保障制度改革推進本部が2015年1月に決定した医療保険制度改革の骨子で、「5,000円から1万円などが考えられる」と明記されていました。

初診で5,000円以上、再診で2,500円以上の追加負担を求めますが、救急で受診した場合などは例外となるようです。地域に大病院しかない場合も例外になります。再診で2,500円以上の追加負担が現実となれば、大学クラスの病院の外来で慢性疾患を継続フォローするのは事実上困難になるでしょう。

まずは近くのかかりつけ医に行くよう促す方針。身近なかかりつけ医の受診を促すことで、大病院の専門的な治療への集中や、勤務医の負担軽減を実現するのが狙いです。

現在でも200床以上の病院で追加料金を徴収できますが、金額は1,000-4,000円が多く、徴収していない病院もあり、徹底されていません。厚労省は対象となる病院を絞った上で金額を引き上げ、支払いを義務化することにしました。

-病院再編

Copyright© 船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.