船橋市

メトホルミンは腸管で作用する

2019/1/17    ,

メトホルミンは腸管で作用する 1922 年、アイルランド・ダブリン Trinity Collegeの WernerとBellがジメチルビグアナイド(メトホルミン)の合成に初めて成功した。1929年、発 ...

gliclazide

長期のスルホニル尿素療法および高血糖症は、2型糖尿病患者の血漿プロインスリンレベルを過度に上昇させる。

2019/1/22    ,

長期のスルホニル尿素療法および高血糖症は、2型糖尿病患者の血漿プロインスリンレベルを過度に上昇させる。 gliclazide Chronic sulfonylurea treatment and hy ...

no image

日本ヘリコバクター学会の認定医制度が発足

2018/12/30    

日本ヘリコバクター学会の認定医制度が発足 急性心筋梗塞の術後管理 ピロリ菌の除菌が広く行われるようになってきているが、それに伴って「不適切な治療」が行われることが増えているようだ。日本ヘリコバクター学 ...

Celtic disease

最終氷河期のほこりっぽい気候は、3つの「セルティック」病(ヘモクロマトーシス、嚢胞性線維症および手掌性線維腫症)の拡大に寄与したか?

2018/12/30    

最終氷河期のほこりっぽい気候は、3つの「セルティック」病(ヘモクロマトーシス、嚢胞性線維症および手掌性線維腫症)の拡大に寄与したか? Celtic disease Was the Last Ice A ...

糖尿病

GLP-1アナログ製剤、taspoglutideの開発が一時中止

2018/12/31    , ,

ロシュが開発しているGLP-1受容体作動薬 糖尿病 先日報じられていた通り、Rocheの週1回投与タイプのGLP-1アナログ製剤、taspoglutideの開発が一時中断された模様。「完全中止」ではな ...

米BMS/英AZのSGLT-2阻害薬 ダパグリフロジン(フォシーガ)

2019/1/14    , ,

船橋市の糖尿病患者さんにも使われるであろう、SGLT2阻害薬フォシーガ SGLT2阻害薬 昨日の記事に続いて再度SGLT-2阻害薬のお話。ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(BMS)とアストラゼネカ(A ...

1型糖尿病

アステラスのSGLT2阻害薬 ASP1941 イプラグリフロジン スーグラ

2019/1/14    , ,

日本発、船橋市の糖尿病患者さんにも使われるであろう、SGLT2阻害薬 スーグラ 糖尿病 ブドウ糖を尿から排泄させて血糖値を降下させる新しい機序の糖尿病薬、SGLT-2阻害薬は既報で述べたとおりアステラ ...

ピオグリタゾン

ピオグリタゾンとメトホルミンの合剤

2019/3/11    ,

アクトスとメトホルミンの合剤 ピオグリタゾン わが国では武田薬品工業がピオグリタゾン(アクトス)とメトホルミンの合剤を先日発売している。「メタクト配合錠」であるが、含有するメトホルミンは「徐放」(ゆっ ...

流動食

流動食の味

2019/1/18    

流動食の味 流動食 寝たきりの患者さんには経管栄養をすることが多い。胃ろうを作成したり、経鼻胃管を挿入したりして投与するため味は感じないものと考えていた。ところがそうでもないらしい。呼気などで流動食の ...

アログリプチン

アログリプチンは高脂肪食マウスの生存率と健康状態を改善する。

2019/1/18    ,

アログリプチンは高脂肪食マウスの生存率と健康状態を改善する。 アログリプチン Alogliptin improves survival and health of mice on a high-fat ...

Copyright© 船橋の糖尿病内科 | しもやま内科 | 循環器内科、甲状腺内科 、呼吸器内科 , 2019 All Rights Reserved.