糖尿病内科

代謝性疾患を治療するGPCRベースの創薬の現状

投稿日:04/02/2018 更新日:

代謝性疾患を治療するGPCRベースの創薬の現状

The current state of GPCR-based drug discovery to treat metabolic disease.

Br J Pharmacol. 2018 Feb 2. doi: 10.1111/bph.14157.

GPCR40

GPCR40

Gタンパク質共役型受容体:GPCRは、市販される医薬品の標的分子の30%を占める、創薬標的として極めて重要な膜タンパク質ファミリーです。GPCRを標的とする医薬品は、GPCRを介して、細胞内のGタンパク質を活性化する経路と、GPCRキナーゼによる自身のリン酸化を経てアレスチンを活性化する経路の、2つのシグナル経路を制御して薬理作用を発揮する。例えば、GPCRの1種であるメラトニン受容体MT2をコードしているMTNR1Bの機能喪失バリアントは、2型糖尿病(T2D)のリスク増加と関連している。

現代の薬物発見の1つのアプローチは、GPCRの活性を調節することによって、様々な細胞型および組織におけるシグナル伝達カスケードを増強または減少させる薬剤を同定することである。この戦略は、心血管疾患、精神障害、HIV /エイズ、ある種の癌、および2型糖尿病を含む多くの状態を治療するための新しい医薬品の開発をもたらした。これらの成功は、疾患標的としてのGPCRのさらなる追求を促し、将来の治療薬の同定を助ける重要な学習を提供する。このレポートは、2型糖尿病および肥満を治療するための新しい分子の開発を目指した努力に重点を置いて、GPCR創薬の現状をレビューする。我々は、代謝疾患を治療するためのGPCRベースの薬物を生成するための歴史的な努力を分析し、この努力の成功および失敗につながる因果要因の観点から分析する。

-糖尿病内科
-

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2018 All Rights Reserved.