船橋市の糖尿病専門医,糖尿病内科

船橋市の糖尿病内科糖尿病専門医

SGLT2

カナグリフロジン(SGLT2阻害剤)は、ヒトNASHのマウスモデルにおける肝細胞癌の発生を減弱させる

投稿日:

Canagliflozin(SGLT2阻害剤)は、ヒトNASHのマウスモデルにおける肝細胞癌の発生を減弱させる

Canagliflozin, an SGLT2 inhibitor, attenuates the development of hepatocellular carcinoma in a mouse model of human NASH.
Sci Rep. 2018 Feb 5;8(1):2362.

糖尿病薬であるナトリウムグルコース共輸送体2(SGLT2)阻害剤は、腎近位尿細管におけるその再吸収を阻止することにより、グルコースの尿排泄を促進する。 SGLT2阻害が非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)およびNASH関連肝細胞癌を減弱させるかどうかは不明である。我々は、ヒトのNASHのマウスモデルである西洋ダイエット(WD) - メラノコルチン4受容体欠損(MC4R-KO)マウスにおけるSGLT2阻害剤カナグリフロジン(CANA)の予防効果を調べた。 8週間のCANA治療は、WD供給MC4R-KOマウスの肝臓脂肪症を減弱させ、炎症性変化を伴わずに副睾丸脂肪量を増加させた。 20週間のCANA処置は、WD給餌MC4R-KOマウスにおける肝線維症の発症を阻害した。 1年間のCANA治療後、肝臓腫瘍の数は、WD給餌MC4R-KOマウスで有意に減少した。脂肪組織では、CANAは、WD給餌MC4R-KOマウスにおける酸化型から還元型のグルタチオン(GSSG / GSH)の比率を抑制した。 GSHによる処理は、3T3-L1脂肪細胞におけるNADPHオキシダーゼに関連する遺伝子、およびRAW264.7細胞におけるIl6、Tgfb、およびPdgfbの遺伝子のH2O2誘導アップレギュレーションを有意に弱めた。この研究は、SGLT2阻害剤が、少なくとも部分的には「健康な脂肪増殖」により、NASHおよび最終的には肝細胞癌の発症を減弱または遅延させることができる独特のクラスの薬物であるという証拠を提供する。

-SGLT2
-

Copyright© 船橋市の糖尿病内科糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.