内科

パラストーマ静脈瘤出血

投稿日:31/07/2010 更新日:

パラストーマ静脈瘤出血に関する症例シリーズ:提示と管理

PSB

PSB

Case Series Regarding Parastomal Variceal Bleeding: Presentation and Management.

Ann Hepatol. 2018 Dec 13;18(1):250-257.

パラストーマ静脈瘤出血(PVB)は、オストミーと同時に肝硬変および門脈圧亢進症を合併した患者の最大27%に起こる深刻な合併症である。PVBの管理は困難であり、この問題に関する明確な指針はない。経頸静脈性肝内門脈体循環シャント術(TIPS)、硬化療法、および/またはコイル塞栓術は、PVBをうまく管理することが示されているすべての治療法である。当施設でPVBを受けた5人の異なる患者を対象とした症例シリーズを紹介する。この一連の症例の目的は、このまれに報告されたが深刻な状態の管理に関する我々の経験を報告することである。また、我々は、パラストーマ静脈瘤出血のある163人の患者の治療法に焦点を当てて、体系的な文献レビューを行った。私たちのシリーズでは、患者1は出血をコントロールすることなく塞栓術と硬化療法を受けており、出血性ショックによる介入の日に期限が切れました。患者2は塞栓術および硬化療法と併せてTIPSを受け、治療後441日で出血した例はなかった。患者3は、罹患率および死亡率の高い危険性のために介入を受けず、出血は自己解決し、さらなる出血はなく、この同じ患者は73日後に敗血症で死亡した。患者4は塞栓術および硬化療法を受けており、治療290日後に出血した例はなかった。患者5はTIPS処置を受けており、処置後5日目に出血することなく退院したので、その後患者は追跡調査に失敗した。

-内科

Copyright© 船橋市 1型糖尿病のための糖尿病専門医クリニック , 2019 All Rights Reserved.