内科

難治性自己免疫性水疱症に対するリツキシマブ療法:10人の日本人患者を対象とした多施設共同、非盲検、単群、第1/2相試験。

投稿日:27/07/2010 更新日:

難治性自己免疫性水疱症に対するリツキシマブ療法:10人の日本人患者を対象とした多施設共同、非盲検、単群、第1/2相試験。

リツキシマブ

リツキシマブ

Rituximab therapy for refractory autoimmune bullous diseases: A multicenter, open-label, single-arm, phase 1/2 study on 10 Japanese patients.

J Dermatol. 2018 Dec 26. doi: 10.1111/1346-8138.14732.

これは、難治性自己免疫性水疱症(天疱瘡および類天疱瘡)の治療のための、リツキシマブ(CD20に対するキメラモノクローナル免疫グロブリンG抗体)の多施設共同研究であった。10人の患者(3人が尋常性天疱瘡、6人が落葉状天疱瘡、1人が水疱性類天疱瘡)で1サイクルのリツキシマブ(375 mg/m2の体表面積に1週間に4回の注入)で治療した。主要評価項目は、40週時点での重篤な有害事象の数と完全寛解率であった。5人の患者(50%)が最小限の治療で完全寛解を達成した(プレドニゾロン10mg/日の投与量と比較してより低い用量の全身性コルチコステロイドで活性病変がないと定義される)。完全寛解に至らなかった4人の天疱瘡患者では、臨床スコア(天疱瘡疾患領域指数)の改善および血清中の自己抗体価の低下が観察された。これは、リツキシマブが10症例中9症例で有効であったことを示唆している。2件の重篤な有害事象(ニューモシスティスカリニ肺炎および感染性関節炎による敗血症性ショック)が観察され、入院で適切に治療された。末梢血中のCD19陽性Bリンパ球はリツキシマブ治療後29日目に減少し、観察期間中(280日)を通して低レベルで維持された。我々の結果は、日本の難治性自己免疫性水疱症に対するリツキシマブ療法の有効性を確認した。

-内科

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2019 All Rights Reserved.