高血圧症

第一三共の Tribenzor (オルメサルタン+アムロジピン+HCTZ)をFDAが承認

27/07/2010

第一三共の Tribenzor (オルメサルタン+アムロジピン+HCTZ)をFDAが承認

Tribenzor

Tribenzor

第一三共が米国で新しい降圧剤合剤、Tribenzor を発売する。コードネーム CS-8635 として開発されていたもので、自社のオルメサルタン(ARB)にアムロジピン(カルシウム拮抗薬)、利尿剤(HCTZ)を加えたものだ。コンセプトはノバルティスのExforge HCT と同じである。
ニュースリリースはこちら。第一三共の合剤計画はいくつもある。ところが、アムロジピンの代わりに自社のアゼルニジピンを使用した3剤合剤(=レザルタス+HCTZ) の計画はないようである。アムロジピンにはコストで敵わないのかも知れないが、アゼルニジピンの良さを世界に知ってもらう良いチャンスである。是非、レザルタス+HCTZを世に出してもらいたいものだ。

-高血圧症
-

Copyright© 船橋の糖尿病内科 | しもやま内科 | 循環器内科、甲状腺内科 、呼吸器内科 , 2019 All Rights Reserved.