高血圧症

糖尿病性網膜症の治療にアンギオテンシンII受容体阻害薬が有効

2017/10/22    

糖尿病性網膜症の治療におけるアンギオテンシンII受容体遮断薬の可能性 Potential of angiotensin II receptor blockers in the treatment of ...

糖尿病性腎症

コンパウンド21およびテルミサルタンの組み合わせは、カスパーゼ媒介アポトーシスの改善を介して2型糖尿病性腎症を緩和する。

2017/10/22    

コンパウンド21およびテルミサルタンの組み合わせは、カスパーゼ媒介アポトーシスの改善を介して2型糖尿病性腎症を緩和する。 糖尿病性腎症 Compound 21 and Telmisartan comb ...

no image

ノルバスク+リピトール=カデュエット その2

2010/9/25  

ノルバスク+リピトール=カデュエット その2 間もなく発売されるノルバスクとリピトールの合剤であるカデュエット。近頃の合剤ブームを象徴する商品といえる。9月9日の日本経済新聞朝刊でもこの薬剤が取り上げ ...

no image

ミカルディス+アムロジピン合剤 Twynsta の和名はミカムロ!

2010/7/29  

Twynsta の和名はミカムロ ベーリンガーインゲルハイムは米国市場において、自社のテルミサルタン(ミカルディス)とアムロジピンの合剤に Twynsta という名前を授けている。何ともカッコよいのだ ...

no image

第一三共の Tribenzor (オルメサルタン+アムロジピン+HCTZ)をFDAが承認

2010/7/27  

第一三共の Tribenzor (オルメサルタン+アムロジピン+HCTZ)をFDAが承認 第一三共が米国で新しい降圧剤合剤、Tribenzor を発売する。コードネーム CS-8635 として開発され ...

no image

アムロジピン10mg錠

2010/7/22  

アムロジピン10mg錠 昨年、ファイザー・大日本住友によって、アムロジピンの投与量の上限が10mgまで緩和された。高血圧症に対しては通常、成人には1 日1 回2.5~5mg の投与とされていたのですが ...

no image

ノルバスク+リピトール=カデュエット その1

2010/6/27  

ノルバスク+リピトール=カデュエット その1 ノルバスク(一般名:アムロジピン)とリピトール(一般名:アトルバスタチン)の合剤であるカデュエットがまもなく発売される。日本での規格は、ノルバスクの2規格 ...

no image

ユニシア配合錠:武田のARB+Ca拮抗薬が製造承認取得

2010/6/5  

ユニシア配合錠:武田のARB+Ca拮抗薬が製造承認取得 武田のARB/アムロジピン合剤であるユニシア配合錠が製造承認を取得した。ノバルティス・ファーマのエックスフォージと同様にアムロジピン部分は後発医 ...

no image

高血圧エクスプレス、山手線を走る。

2010/5/18  

高血圧エクスプレス、山手線を走る。 NHKのニュースで報じられていた。5月17日は高血圧の日だそうだ。それに併せたイベント、NASHの病態にはインスリン抵抗性が強く関連していると考えられています。イン ...

no image

武田薬品工業の新規ARB TAK-491 米国で販売許可申請

2010/5/5  

武田薬品工業の新規ARB TAK-491 米国で販売許可申請 武田薬品工業のARB、カンデサルタン(ブロプレス)の後継品となるARBがそろそろ世に出てくるようだ。「アジルサルタン」という薬剤であるが、 ...

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2018 All Rights Reserved.