糖尿病内科

自己免疫性水疱性疾患の生物学的療法

01/02/2014

自己免疫性水疱性疾患の生物学的療法

januvia

januvia

Biological therapy of autoimmune blistering diseases.

Expert Opin Biol Ther. 2018 Dec 18:1-8.

自己免疫性水疱性皮膚疾患は、水疱形成の位置に応じて細分化された障害群である:天疱瘡群における表皮内膨満および類天疱瘡群における表皮下。これらの症状は臨床的に異質であり、臨床的サブタイプおよび疾患の重症度に基づいて全身性副腎皮質ステロイドまたは他タイプの免疫抑制剤で治療される。これらのアプローチは、臨床応答の誘導および維持に効果的でないか、または耐え難い副作用のために停止する必要があるかもしれない。対象範囲:生物学的療法は、様々な自己免疫性水疱性疾患における有効な代替戦略を表すことができ、このレビュー記事は、尋常性天疱瘡および水疱性類天疱瘡に特に重点を置いて、この問題に取り組む予定である。これらの生物学的アプローチは、B細胞、自己抗体、補体タンパク質、およびいくつかのサイトカインを標的とするように設計されている。専門家の意見:自己免疫性水疱状態の治療のための革新的な戦略は、主に、これらの疾患の免疫病理学における重要なステップを標的とする高度の特異性を有する薬物の使用に依存する。新規の生物学的薬剤は、B細胞、病原性自己抗体、補体およびサイトカインを標的とすることによって、自己免疫性水疱状態を有する患者に治療選択肢を提供する。

-糖尿病内科

Copyright© 船橋市 1型糖尿病のための糖尿病専門医クリニック , 2019 All Rights Reserved.