糖尿病内科

DPP-4阻害薬と水疱性類天疱瘡の発生率の上昇

投稿日:05/02/2014 更新日:

水疱性類天疱瘡の発生率の上昇:概要と潜在的な説明。

januvia

januvia

The Growing Incidence of Bullous Pemphigoid: Overview and Potential Explanations.

Front Med (Lausanne). 2018 Aug 20;5:220.

水疱性類天疱瘡(BP)は、表皮下自己免疫性水疱性疾患の最も一般的なタイプである。BPは特徴的に高齢者に影響を与え、主に70歳以上の患者に見られる。BPの年間発生率は、一般人口で百万人あたり2.4〜23人であると推定されているが、80歳以上の人で百万人あたり190-312人に指数関数的に上昇します。さらに、証拠が増えていることから、BP発症率の顕著な傾向が報告されており、過去20年間で1.9倍から4.3倍の上昇を示している。この実証可能な増加は、BPを発症するリスクの増加に対するより高い意識を保証する。このレビューは、BPの疫学的特徴の現状の理解を要約し、その発生率の増加についての推定上の説明に光を当てる。

-糖尿病内科
-

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2019 All Rights Reserved.