メタボリックシンドローム

メタボ検診の腹囲重視に改善の兆し

更新日:

メタボ検診の腹囲重視に改善の兆し

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム

以前より、日本におけるメタボリックシンドロームの腹囲重視には異論が多かった。内臓脂肪をみるには優れた方法であるが、偏重されすぎるのはよくない。厚生労働省は10日、特定健診(メタボ健診)で腹囲が男性85センチ以上、女性90センチ以上でなくても、血圧や脂質、血糖に異常があれば保健指導の対象とする方針を決めた模様である。大変結構なことである。

そもそも、腹囲が大きくなくとも生活習慣病のハイリスク群は少なからず存在する。そのクラスタにスポットライトをあてる契機になればよい。

現在は腹囲が基準以上であることが指導の前提になっており、やせていても生活習慣病などのリスクがある人が指導対象から漏れていた。2018年度から実施する。

疑問の声が多い現行の特定健診は、腹囲が基準以上で、血圧や脂質、血糖のいずれかに異常があれば、保健指導の対象になってしまう。長らく改められずにきたが、やっと決まった新制度では、これらの項目に異常があれば、腹囲が基準以下でも、新たに設ける「非肥満保健指導」の対象とし、保健師らが食生活の改善指導などを行う。

厚労省研究班の調査によると、腹囲が基準に達しなくても、これら3項目の一つ以上に異常があると、ない人に比べて、脳卒中や心筋梗塞などの発症リスクが男性は1.91-2.22倍、女性は2.12-2.54倍に高まるという。同省は今後、喫煙を項目に付け加えるかや、血圧や脂質、血糖の基準値を見直すかなど、指導対象の選定方法について、さらに検討を進める。

-メタボリックシンドローム

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.