新型インフルエンザ

新型インフルワクチン、今秋までに開発 英アストラゼネカ

投稿日:12/09/2009 更新日:

新型インフルワクチン、今秋までに開発 英アストラゼネカ

flumist

flumist

AZが秋までに新型インフルエンザワクチンを開発すると発表。日本に供給するようなので期待したい。国内の感染状況は梅雨入りで一旦改善したのち、今度の冬に再燃する可能性が高い。そうなる前にワクチン接種をしておくことが重要だ。1957年以前に生まれた人は(H1N1に対する抗体があって)新型インフルエンザにかかりにくいとニュースで報じられていた。H1N1のワクチンを接種すれば同様の効果が見込めるだろう。

AZは子会社のメディミューンが鼻腔噴霧4価インフルエンザ弱毒生ワクチンFluMist® Quadrivalentの日本における開発・商業化に関する独占的ライセンスを第一三共株式会社に供与する契約を2015年に締結した。経鼻噴霧型の弱毒生ワクチンで4種類のインフルエンザワクチン株を含有している。

-新型インフルエンザ

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2019 All Rights Reserved.