GLP-1

GLP-1受容体作動薬トルリシティで2型糖尿病患者の重大心血管イベントが減少

更新日:

GLP-1受容体作動薬トルリシティで2型糖尿病患者の重大心血管イベントが減少

rewind Trulicityで2型糖尿病患者の重大心血管イベントが減少

rewind Trulicityで2型糖尿病患者の重大心血管イベントが減少

トルリシティ(デュラグルチド)は、心血管系死亡、非致死性心筋梗塞(心臓発作)または非致死性脳卒中の複合エンドポイントである主要有害心血管イベント(MACE)を有意に減少させた。イーライリリーは週1回投与のGLP-1受容体作動薬トルリシティで、心血管疾患を確立していない参加者の大多数を含む臨床試験でMACEイベントの減少の優位性を実証した。2型糖尿病患者の心血管死・心筋梗塞・脳卒中を有意に減らした。REWINDの具体的な結果は来年2019年の米国糖尿病協会(ADA)年次総会で発表される。

この研究は、ベースライン時に確立された心血管疾患のない大多数の患者が含まれた。これはGLP-1受容体作動薬で初めての研究であった。REWINDは、広範囲の心血管リスクを伴う2型糖尿病の成人におけるMACEのリスクを評価した。この試験では、標準治療に追加された場合、週1回のトルリシティ 1.5mgとプラセボの効果を比較した。

FRCPCの医学教授であるHertzel Gerstein博士は、「REWIND研究は、トルリシティが第2型糖尿病の人々を初期心血管イベントの経験から守り、心血管疾患を確立した人々の将来の出来事を防ぐことができるかどうかを評価している。McMaster大学とHamilton Health SciencesのPopulation Health Instituteの副所長、REWINDの研究責任者は「2型糖尿病の広範な人々にわたる、トルリシティによって示されたMACEの削減は魅力的であり、我々はすべてのデータの分析と報告を期待している。」と述べている。

REWINDは、試験に参加した確立されたCV疾患を有する人の数が限られているため、他のCV結果試験と比較して明確であり、2型糖尿病の広い人口でトルリシティの心血管効果を測定することができる。重要なことだが、REWINDの追跡期間の中央値は5年以上で、GLP-1受容体作動薬の心血管アウトカム試験で最長であった。これと比較して、他の心血管アウトカム試験では、ベースラインA1Cが高く、心血管疾患を確立した患者の割合が高い人がより多くみられた。 9,901人のREWIND参加者のうち、平均ベースラインA1Cは7.3%で比較的低く、31%のみが心血管疾患を確立していた。

「心血管疾患の有無にかかわらず、REWINDで研究されている2型糖尿病の広範な人々は、この先例設定試験でこれらの知見の重要性を強調している」とLilly DiabetesとLilly USAの社長Enrique Conternoは語った。「2型糖尿病を患う何百万人もの人々が、心血管疾患のリスクが高いとされている。

REWINDにおけるトルリシティの安全性プロファイルは、GLP-1受容体アゴニストクラスと概ね一致していた。イーライリリーは、来年、これらのデータを規制当局に提出し、2019年の米国糖尿病学会の科学セッションで詳細な結果を共有する予定である。

Trulicityの日本での用量は0.75mgです。海外用量の1.5mgの半分です。

-GLP-1
-

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.