船橋市の糖尿病専門医・糖尿病指導医による糖尿病専門サイト。

船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医

GLP-1

リラグルチド3mg SAXENDAの優れた減量効果

更新日:

Liraglutide 3mg SAXENDAの減量効果

A Randomized, Controlled Trial of 3.0 mg of Liraglutide in Weight Management

N Engl J Med. 2015 Jul 2;373(1):11-22.

リラグルチド3mg SAXENDA

リラグルチド3mg SAXENDA

リラグルチド(ビクトーザ)は減量効果のあるGLP-1受容体作動薬である。しかし、日本では海外用量の半分である0.9mgしか使用出来ないため大幅な減量は期待しにくい。米国市場ではSAXENDAという名前でリラグルチド3mg製剤が発売されている。期待通りの優れた減量効果を示している。船橋市の糖尿病内科でも早く使用していきたい。

背景

肥満とは一連の慢性的な経過をたどる疾患であるが、ライフスタイル介入だけでは減量を維持することは難しい。リラグルチドを毎日3mg皮下注射することは、体重管理に有用である可能性がある。

方法

2型糖尿病ではなく、少なくともBMI30以上のヒト、若しくは脂質異常症か高血圧症を持つBMI27以上の患者3,731名を対象とした56週、二重盲検試験である。リラグルチド3mg毎日皮下注射(2,487名)とプラセボ(1,244名)無作為に2:1に割り付けた。両群とも、ライフスタイル改善のカウンセリングを受けてもらった。プライマリーエンドポイントは体重変化、少なくとも少なくとも5%以上減量した者の割合、10%以上減量した者の割合である。

結果

ベースラインの平均年齢は45.1±12.0歳、平均体重は106.2±21.4Kg、平均BMIは38.3±6.4であった。対象者の78.5%が女性、61.2%がIGTであった。56週でLiraglutide群は8.4±7.3Kgの体重減だったのに対してプラセボ群は2.8±6.5Kgであった。5%以上の体重減を果たした者はリラグルチド群の63.2%、プラセボ群の27.1%であった(P<0.001)。10%以上減量した者は各々33.1%対10.6%であった(P<0.001)。最も高頻度の有害事象は軽度・中等度の嘔気・下痢であった。深刻なイベントはリラグルチド群の6.2%、プラセボ群の5%でみられた。

結論

運動療法・食事療法に加えてのリラグルチド3mg療法は体重減少、代謝改善に貢献する。

Liraglutide群では全ての身体的・精神的SF-36スコアがより高かった。SF-36というのは健康関連QOL(HRQOL: Health Related Quality of Life)を測定するための、科学的で信頼性・妥当性を持つ尺度とされている。米国で考案され、概念構築の段階から計量心理学的な評価に至るまで十分な検討を経て、現在、170カ国語以上に翻訳されて国際的に広く使用されている。ある疾患に限定した内容ではなく、健康についての万人に共通した概念のもとに構成されている。様々な疾患の患者や、病気にかかっていない健康な方のQOLを測定できる。疾病の異なる患者間でQOLを比較したり、患者の健康状態を一般の人と比較したりすることも可能である。リラグルチド群のほうが副作用スコアが高かったのだが・・・

Table1

 

母集団 女性8割男性2割 白人8割、体重100Kg超

Table2 56週でLiraglutide群は8.4±7.3Kgの体重減だったのに対してプラセボ群は2.8±6.5Kgであった。

副作用で一番多いのは消化器症状。

Table3. nausea 40.2%,下痢20.9%

消化器症状での離脱率は6.4%,プラセボは0.7%。吐き気と嘔吐は4-8週で多かった。

重篤な有害事象 死亡例は3例、リラグルチド1,プラセボ2 リラグルチド群では胆石・胆嚢炎が多かった。

-GLP-1
-

Copyright© 船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.