糖尿病内科

日本糖尿病学会、COI開示を筆頭発表者のみならず共同研究者全員に求める

投稿日:23/05/2015 更新日:

日本糖尿病学会、COI開示を筆頭発表者のみならず共同研究者全員に求める

糖尿病

糖尿病

現在、第58回糖尿病学会学術総会 JDS58 が下関市で開かれています。コンパクトな街で総会をやるとどうしてもこうなってしまうのですが、土曜日にもかかわらず、朝の下関駅の込み具合はちょっと異様な印象を受けました。

理事長の門脇孝氏が理事長声明の中で、同学会が定める「会員の研究活動に係る倫理行動規範」における利益相反(COI)の開示方式について発表しました。

現行の筆頭発表者のみの開示から、同学会の会員・非会員を問わず共同発表者全員に求めることを決めたそうです。

第58回学術集会の今年(2015年)4月に施行された「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(文部科学省,厚生労働省)に則った措置で、開始は5月25日、って週明けの月曜日からです。

共同演者がいなければ良いけれども、総会クラスだと一人のケースは少数です。今日拝見したいくつかの発表では、共同研究者を最後のスライドに数十人ぶん一気に掲載してたものがいくつかありました。今のやり方だと、どうしてもスライド枚数が増えてしまいますね。なにか良い方法を考えねばなりません。糖尿病診療に役立つ内容が多いのが良かったです。

-糖尿病内科
-

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2018 All Rights Reserved.