船橋市の糖尿病専門医・糖尿病指導医による糖尿病専門サイト。

船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医

GLP-1

2型糖尿病をもつ後期高齢者にビデュリオンが有効

更新日:

後期高齢者の2型糖尿病にビデュリオンが有効

ビデュリオンペン

ビデュリオンペン

船橋市においても全国においても、後期高齢者で血糖コントロールが不良の2型糖尿病患者にインスリン療法が不可避になるケースは多いが、自己注射が困難な例は少なくない。独居であったり、視力障害があったり、または認知症が合併していたりするケースである。そのようなケースにはエキセナチド徐放製剤(ビデュリオン)が良い適応になるだろう。

ビデュリオンはトルリシティと違って海外と同じ用量である。食欲抑制作用、減量作用を最も期待できる週一回GLP-1RAなのである。インスリンこそ併用できないが、減量効果を狙うならむしろ有り難いことである。

なるほど、肥満を伴った2型糖尿病の治療では食事療法・運動療法による減量が基本となる。しかし、特に高齢者においては生活習慣の改善が徹底できない患者も多い。

当然の帰結として高血糖が改善せずインスリン分泌能が保たれているにもかかわらずインスリンを導入せざるを得ないケースが多いのである。

肥満を合併した2型糖尿病患者へのインスリンの使用は食欲を亢進させ、肥満を悪化させ、さらに血糖値が悪化する悪循環を招きやすい。高齢の肥満2型糖尿病患者の治療は上記のようにしばしば難渋し、重要な課題のひとつとなっている。

肥満を伴うインスリン療法中の糖尿病患者は
肥満→インスリン抵抗性→血糖上昇→インスリン増量→肥満
の悪循環が起きやすい。

ビデュリオン高齢者

悪循環を断ち切るにはビデュリオンがベストの選択である。インスリン導入が困難な後期高齢者2型糖尿病において週一回エキセナチド製剤ビデュリオンがベストの選択になる。

-GLP-1

Copyright© 船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.