SGLT2

SGLT2阻害薬の腎保護作用

投稿日:08/02/2017 更新日:

SGLT2阻害薬の腎保護作用

sglt2

sglt2

SGLT2阻害薬は、ナトリウム利尿による糸球体内圧低下、酸素消費量抑制により腎保護作用を示す。

ナトリウム利尿による糸球体内圧低下

SGLT2阻害薬は近位尿細管でナトリウム再吸収を抑制するためナトリウム利尿を起こす。尿細管糸球体フィードバックにより、理論上、SGLT2阻害薬により、糸球体輸入動脈抵抗は増加し、糸球体内圧は低下する。

SGLT2阻害薬の腎保護作用

SGLT2阻害薬の腎保護作用

低酸素状態の改善

SGLT1、SGLT2は、基底側膜のNa+/K+-ATPase pumpにより駆動されている。したがって腎臓でのグルコースとナトリウムの再吸収はATPを消費し、SGLT2阻害薬は、腎臓のエネルギー消費量を低下させる。2型糖尿病の近位尿細管では、グルコースとナトリウムの再吸収が亢進しエネルギー消費量が増加している。尿細管間質の低酸素により、epithelial mesenchymal transdifferentiation (EMT)、間質の繊維化、細胞外マトリックスの蓄積が生じる。細胞外マトリックスの蓄積は正常構造を破壊する。SGLT2阻害薬は、腎臓の酸素消費量を低下させ、低酸素状態を改善し、chronic kidney disease の進行を抑制する。

SGLT2阻害薬の腎保護作用

SGLT2阻害薬の腎保護作用


Muskiet MH et al. Renoprotection in LEADER and EMPA-REG OUTCOME Lancet Diabetes Endocrinol. 2016 Oct;4(10):812-4.
Gilbert RE. SGLT2 inhibitors: β blockers for the kidney? Lancet Diabetes Endocrinol. 2016 Oct;4(10):814.
Fine LG, et al. Chronic hypoxia as a mechanism of progression of chronic kidney diseases: from hypothesis to novel therapeutics. Kidney Int 2008; 74: 867–72.

-SGLT2
-

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2018 All Rights Reserved.