GLP-1

GLP-1受容体アゴニストであるエキセンジン-4は、NF-κB活性化を阻害することによって乳癌の増殖を減弱させる。

更新日:

グルカゴン様ペプチド-1受容体アゴニストであるエキセンジン-4は、NF-κB活性化を阻害することによって乳癌の増殖を減弱させる。

バイエッタ(エキセナチド)

バイエッタ(エキセナチド)

Exendin-4, a glucagon-like peptide-1 receptor agonist, attenuates breast cancer growth by inhibiting NF-κB activation.

Endocrinology. 2017 Oct 13.

インクレチン治療は、血糖コントロールに関連するものを超えて広がる組織保護効果のために、重要な注目を集めている。船橋市の糖尿病内科。癌は、真性糖尿病患者の主要な死因である。私たちはこれまでグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体(GLP-1R)アゴニストであるエキセンディン-4(Ex-4)の抗前立腺癌効果を報告した。乳癌は、2型糖尿病および肥満を有する女性患者において最も一般的な癌の1つである。したがって、GLP-1作用が乳癌を減弱させるかどうかを調べた。 GLP-1Rは、ヒト乳癌組織およびMCF-7、MDA-MB-231およびKPL-1細胞株において発現された。我々は、0.1~10nM Ex-4が用量依存的に乳癌細胞の数を有意に減少させることを見出した。 Ex-4はアポトーシスを誘導しなかったが、乳癌細胞の増殖を用量依存的に有意に減少させた。しかし、ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害薬リナグリプチンは乳癌細胞増殖に影響を与えなかった。MCF-7細胞を無胸腺マウスに移植すると、Ex-4はインビボでMCF-7腫瘍サイズを減少させた。Ki67免疫組織化学は、乳癌細胞増殖が、Ex-4処置マウスから抽出された腫瘍において有意に減少したことを明らかにした。MCF-7細胞において、Ex-4は、核因子-κB核移行および標的遺伝子発現を有意に阻害した。さらに、Ex-4は、AktおよびIκBリン酸化の両方を減少させた。これらの結果は、GLP-1がGLP-1Rの活性化およびその後の核因子-κB活性化の阻害を介して乳癌細胞増殖を減弱できることを示唆している。

-GLP-1
-

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.