DPP-4

エンパグリフロジンとリナグリプチンの安全性評価

投稿日:01/12/2017 更新日:

2型糖尿病を治療するためのエンパグリフロジンとリナグリプチンの安全性評価。

sglt2

sglt2

A safety evaluation of empagliflozin plus linagliptin for treating type 2 diabetes.

Expert Opin Drug Saf. 2017 Dec;16(12):1399-1405.

DPP-4阻害薬およびSGLT2阻害薬は、血糖パラメーターを改善し、非常に低い内因性低血糖リスクおよび好ましい心臓血管データを有する経口糖尿病薬である。対象範囲:DPP-4阻害薬リナグリプチンとSGLT2阻害薬エンパグリフロジンとの併用療法を検討する臨床試験の概要を示す。自由な組み合わせとそれらの固定用量の組み合わせの有効性および安全性に関する臨床的証拠が提示される。エンパグリフロジンは、最近、2型糖尿病および心血管の高リスク状況における心血管リスクを低下させることが証明されている。メトホルミンへの追加療法または初期治療としてのエンパグリフロジンとリナグリプチンの一定用量組み合わせ(FDC)は、HbA1cを約1.1%低下させ、体重を2.0-3.0kg減少させた。低血糖リスクは有意に上昇しなかった。関連する研究は、Medlineとclinicaltrials.govの検索によって特定された。専門家の意見/解説:DPP-4阻害薬/ SGLT2阻害薬 FDCは、治療を簡素化し、錠剤の負担を軽減し、投薬の順守を高めるのに特に有用である。このFDCは、体重、血圧および心血管リスクの低下が重要であり、かつ低血糖を避けるべき患者にとって特に有益であり得る。

船橋市の糖尿病内科において、エンパグリフロジン・リナグリプチンの併用が有効だ。

-DPP-4
-,

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2018 All Rights Reserved.