糖尿病内科

重症低血糖症と2型糖尿病の成人における事故心血管イベントと死亡率との関連

更新日:

重症低血糖症と2型糖尿病の成人における事故心血管イベントと死亡率との関連

The Association of Severe Hypoglycemia With Incident Cardiovascular Events and Mortality in Adults With Type 2 Diabetes

Diabetes Care 2018 Jan; 41(1): 104-111.

糖尿病

糖尿病

目的

低血糖症と心血管疾患とを結びつける示唆的な証拠があるが、コミュニティベースの設定で収集されたデータはほとんどない。個々の心臓血管のアウトカムおよび原因別死亡率に関する情報は不足している。

方法

我々は、コミュニティにおけるアテローム性動脈硬化症リスク(ARIC)の研究(分析ベースライン、1996-1998)から糖尿病と診断された1,209名の被験者の前向きコホート分析を行った。2013年までの入院、救急診療、救急車からの第1位のICD-9コードを使用して、重度の低血糖のエピソードを同定した。心血管イベントおよび死亡は2013年までに捕捉された。低血糖を伴う調整Cox回帰モデルを時系列の露出として使用した。

結果

中央値15.3年の間に少なくとも1つの重度の低血糖症エピソードを有する195人の参加者があった。重度の低血糖の後、冠状動脈性心臓病の3年間の累積発生率は10.8%であり、死亡率は28.3%であった。重篤な低血糖は、冠状動脈性心疾患(ハザード比(HR)2.02,95%CI 1.27-3.20)、全原因死亡率(HR 1.73,95%CI 1.38-2.17)、心血管死亡率(HR 1.64,95 %CI 1.15-2.34)、および癌死亡率(HR 2.49,95%CI 1.46-4.24)。低血糖症は、脳卒中、心不全、心房細動、または非心血管および非癌死と関連していなかった。結果は、年齢、性別、人種、糖尿病期間、および心血管リスクのベースラインによって定義されるサブグループ内で堅調であった。

結論

重度の低血糖症が健康状態を悪化させることがはっきりと示されている。心臓血管事象および死亡率の高い絶対リスクの強力なマーカーである。

-糖尿病内科
-

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.