GLP-1

経口セマグルチドは対エンパグリフロジンで優れたHbA1c改善を示す PIONEER2 trial

30/05/2018

経口セマグルチドは対エンパグリフロジンで優れたHbA1c改善を示す PIONEER2 trial

semaglutide-oral

semaglutide-oral

Oral semaglutide shows superior improvement in HbA1c vs empagliflozin in the PIONEER 2 trial

2型糖尿病成人を対象とした経口セマグルチドによる第2相3a試験。

PIONEER2試験は、セマグルチドとSGLT2阻害薬エンパグリフロジンとの比較である。26週時点のHbA1cは、経口セマグルチドがエンパグリフロジンよりも有意に改善されており、こちらも主要目的を達成している。ただし、体重減少では両剤に統計学的な有意差は認められなかった。

PIONEER2は、2型糖尿病患者におけるエンパグリフロジンと経口セマグルチドの有効性および安全性を比較した、2群を対象とした52週間無作為化非盲検アクティブコントロール並行群多施設多国籍試験である。816人がPIONEER2に登録され、1日1回14mgの経口セマグルチドまたは25mgのエンパグリフロジンのいずれかを受けるように1:1に無作為に割り付けられた。確認のエンドポイントは、ベースラインから26週までのHbA1cおよび体重の変化であった。主要副次的エンドポイントは、ベースラインから52週までのHbA1cおよび体重の変化を含んだ。

経口セマグルチドは、錠剤として1日1回服用する新しいGLP-1受容体作動薬である。52週の非盲検試験では、メトホルミン治療でコントロールが不十分な816人の2型糖尿病患者における経口セマグルチド14mgとエンパグリフロジン25mgの有効性と安全性が検討された。エンドポイントは26週間の治療後に定義された。

経口セマグルチドのPIONEER第3a相臨床開発プログラムは、10件の臨床試験にまたがる8,845人の2型糖尿病患者の登録を伴う世界規模の開発プログラムである。

経口セマグルチドの効果を評価するための2つの異なる統計的アプローチがPIONEER2試験に適用された。治療の中止や救急薬の使用に関係なく効果を評価する最近の規制ガイダンスで要求されている一次統計的アプローチ[1]、および治療中で救急薬の使用なしでの効果を記述する二次統計的アプローチ[2]。

この試験は、26週時点でのエンパグリフロジンと比較して経口セマグルチドを用いたHbA1cの統計的に有意で優れた改善を実証することにより、一次統計的アプローチに従ってその主要目的を達成した。一次統計学的アプローチを適用した場合、経口セマグルチドとエンパグリフロジンの間の26週での体重減少の差は統計的に有意ではなかった。

二次統計的アプローチを適用すると、経口セマグルチド14mg治療群は、エンパグリフロジン25mg治療群でそれぞれ26週と52週後に0.9%および0.8%のHbA1cの改善をもたらしたのと比較して、26週で1.4%および52週で1.3%のHbA1cの統計的に有意な改善を達成した。14mg用量の経口セマグルチドは、26週および52週の両方でエンパグリフロジン25mg治療群の3.8 kgに対して、26週で4.2 kgおよび52週で4.7 kgの体重減少を示した。52週間の時点で経口セマグルチドによる体重減少の増加はエンパグリフロジンと比較して統計的に有意であった。

さらに、二次統計的アプローチを適用すると、エンパグリフロジン25mg治療群の47%と比較して、経口セマグルチド14mg治療群の72%がHbA1c7%以下のADA治療目標を達成した。

この試験では、経口セマグルチドは忍容性が高く、プロファイルはGLP-1ベースの治療と一致していた。経口セマグルチドの最も一般的な有害事象は軽度から中等度の悪心であり、これは時間の経過とともに減少した。PIONEER2では、経口セマグルチドで治療された人々の20%が試験中に悪心を経験した。有害事象のために治療を中止した被験者の割合は、エンパグリフロジン25mg治療群の4%に対して、経口セマグルチド14mg群で治療された人々の11%であった。

[1] Treatment policy estimand approach: treatment effect regardless of discontinuation of treatment or initiation of rescue medication (analysed by pattern mixture model using multiple imputations to handle missing week 26 data).

[2] Hypothetical estimand approach: The treatment effect of oral semaglutide versus empagliflozin for all randomised subjects while on treatment without use of rescue medication (analysed by Mixed Models for Repeated Measurements (MMRM)). Similar statistical methodology as applied in the SUSTAIN programme for subcutaneous semaglutide.

-GLP-1
-,

Copyright© 船橋の糖尿病内科 | しもやま内科 | 循環器内科、甲状腺内科 、呼吸器内科 , 2019 All Rights Reserved.