SGLT2

カナグルが胃腸の癌を減らす?

投稿日:03/06/2018 更新日:

SGLT2阻害剤および2型糖尿病の癌リスク:無作為化の体系的なレビューとメタ分析 コントロールトライアル

SGLT2と胃癌

SGLT2と胃癌

SGLT2 inhibitors and risk of cancer in type 2 diabetes:a systematic review and meta-analysis of randomised
controlled trials

Diabetologia. 2017 Oct;60(10):1862-1872.

目的

ナトリウム - グルコース共輸送体2(SGLT2)阻害剤と、2型糖尿病の個体における癌のリスクとの間の関連性は依然として不明である。この研究は、2型糖尿病のSGLT2阻害剤治療に伴う癌のリスクを評価することを目的とした。

方法

われわれは2017年2月15日まで、PubMed、EMBASE、Cochrane Central Control of TrialsおよびClinicalTrials.govを2017年2月15日まで体系的に検索し、少なくとも24日間SGLT2阻害剤で治療された2型糖尿病患者の癌事象を報告する適格無作為化比較試験(RCT)週。我々は、ORおよび95%CIを計算するために、ペアワイズおよびネットワークメタアナリシスならびに累積メタ分析を行った。

結果

合計で、34,569人のうち580人の癌が46の独立したRCTから同定され、平均治験期間は61週間であった。SGLT2阻害薬は、比較対照(プラセボまたはその他の活性グルコース低下治療)と比較して、全体的ながんのリスク上昇と有意に関連しなかった(OR 1.14 [95%CI 0.96,1.36])。 SGLT2阻害剤(OR 3.87(95%CI 1.48,10.08))、特にエンパグリフロジン(OR 4.49 [95%CI 1.21,16.73])では、膀胱がんのリスクが上昇する可能性があります。興味深いことに、canagliflozinは胃腸癌に対して防御的であるかもしれない(OR 0.15 [95%CI 0.04、0.60])。

考えられる作用機序として、SGLT1は消化管に強く発現しているが、SGLT1が癌細胞へのブドウ糖取り込みに関与している可能性があり、カナグリフロジンは他のSGLT2阻害薬に比べSGLT1の阻害効果も高いためかもしれない。

結論

短期RCTからの現在の証拠は、SGLT2阻害薬を使用する2型糖尿病の個体の全体的な癌の有意に増加したリスクを示さなかった。短期間の試験期間および証拠の不確実性を考慮すると、将来の長期的な前向き研究および市販後のサーベイランス研究が正当化される。

カナグリフロジン(カナグル)は日本発の薬剤です。米国市場でも健闘しています。米国では300mgまで使用可能ですが、日本では100mgのみ認可されています。日本人のスタディでは、100mg使用すればもう十分で増やしてもあまり効果は増えないということです。船橋市の糖尿病内科でも処方されている薬剤です。

-SGLT2
-,

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2018 All Rights Reserved.