DPP-4

アログリプチンは高脂肪食マウスの生存率と健康状態を改善する。

投稿日:10/06/2010 更新日:

アログリプチンは高脂肪食マウスの生存率と健康状態を改善する。

アログリプチン

アログリプチン

Alogliptin improves survival and health of mice on a high-fat diet.
Aging Cell. 2019 Jan 15:e12883.

アログリプチンは、2型糖尿病患者を治療する一般的な処方薬である。ここでは、アログリプチン(食事中0.03%w/w)の長期介入が高脂肪食を与えられたマウスの生存率と健康状態を改善することを示す。アログリプチン介入は、インスリン感受性の増加、機能低下の減弱、臓器病変の減少、ミトコンドリア機能の維持、および酸化ストレスの減少など、長寿に関連する有益な効果をもたらす。オートファジー活性化は、これらの有益な効果の根底にあるメカニズムとして提唱されている。我々は、アログリプチンの介入が、肥満や過体重において寿命と健康状態を延ばすための潜在的な戦略と見なすことができると結論を出した。

船橋市の糖尿病内科においても、アログリプチン(ネシーナ)による治療が有効だ。

-DPP-4
-,

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2019 All Rights Reserved.