tpp 糖尿病内科

2型糖尿病患者のインスリン療法にイプラグリフロジンを追加すると体重および脂肪質量を減少させるが、筋肉量は減少させない。

投稿日:27/02/2014 更新日:

2型糖尿病患者のインスリン療法にイプラグリフロジンを追加すると体重および脂肪質量を減少させるが、筋肉量は減少させない:無作為臨床試験。

heart disease

heart disease

Ipragliflozin, an SGLT2 Inhibitor, Reduces Body Weight and Fat Mass, but not Muscle Mass, in Japanese Type 2 Diabetic Patients Treated with Insulin: A Randomized Clinical Trial.

目的

SGLT2阻害薬は、負のエネルギーバランスを生成することによって体重を減少させる。以前の報告では、この体重減少は主に体脂肪の減少であり、減少の約20%は希薄質量であることが示唆されている。しかしながら、体重および体組成に対するSGLT2阻害薬の効果は不明なままである。日本人のインスリン治療2型糖尿病患者におけるこれらの影響を検討した。

方法

このオープンラベル無作為化比較試験では、インスリン治療で不適切な血糖コントロール(HbA1c> 7.0%)を有する49人の太り過ぎの患者(BMI≧23kg/m2)を対象に、イプラグリフロジンを追加する群と追加しない対照群に分けた。患者は24週間追跡した。すべての患者の目標は、低血糖を起こさずにHbA1c <7.0%を達成することであった。主要エンドポイントは、ベースラインから24週までの体重の変化であった。二重エネルギーX線吸光光度法および生体電気インピーダンス分析を用いて体組成を評価した。

結果

体重変化は、イプラグリフロジン群で対照群より有意に大きかった(-2.78対-0.22kg、P <0.0001)。総脂肪量は、イプラグリフロジン群の腕、下肢および胴部において均一に減少した。総筋肉量および骨ミネラル含量は維持されたが、腕の筋肉量はイプラグリフロジン治療の影響を受けている可能性がある。

結論

イプラグリフロジンによる24週間の治療は、主に脂肪量の減少による体重減少をもたらした。筋肉量および骨ミネラル含量は維持された。イプラグリフロジンの長期作用を解明するためにはさらなる研究が必要である。

-tpp, 糖尿病内科

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2019 All Rights Reserved.