船橋市の糖尿病専門医・糖尿病指導医による糖尿病専門サイト。

船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医

DPP-4

シタグリプチンはNAFLD患者のインスリン抵抗性と脂肪肝を改善する

更新日:

シタグリプチンはNAFLD患者のインスリン抵抗性と脂肪肝を改善する

シタグリプチンの脂肪肝改善作用

シタグリプチンの脂肪肝改善作用

久留米大の一例報告。シタグリプチンによる脂肪肝改善例

久留米大学病院に67歳のアジア女性が肝機能異常検査のために紹介されまた。彼女は非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)と診断された。 NAFLDは、メトホルミンおよびピオグリタゾンの投薬による食事療法によって治療された。しかし、NAFLDは改善しなかった。その後、患者にシタグリプチンを投与した。彼女のエネルギー摂取量と身体活動は変化しなかったが、ヘモグロビンA1c値は治療3カ月後に7.8から6.4%に減少した。さらに、肝脂肪症の重症度と同様に、血清インスリン値およびインスリン抵抗性の指標であるHOMA-IRも改善された。これらの知見は、難治性NAFLD患者において、シタグリプチンがインスリン抵抗性および脂肪症を改善する可能性があることを示している。

シタグリプチンの脂肪肝改善

シタグリプチンの脂肪肝改善

NAFLDが増えている

NAFLDの有病率は世界的に急速に高まっている。 NAFLD患者の5%以上が進行した肝硬変を発症する。 NAFLD患者はまた、肝細胞癌を合併しやすく、肝外悪性腫瘍を呈しやすい。その結果、健常者と比較して予後は不良である。したがって、NAFLDは重要な治療標的として認識されている。

NAFLDはしばしばインスリン抵抗性/ 2型糖尿病を伴う。近年、インスリン抵抗性改善薬がNAFLDに有益な効果を有することが報告されている。そのひとつであるメトホルミンは、肝脂質およびグルコース異化作用を増加させ、NAFLD患者のインスリン抵抗性および脂肪肝を改善するる。一方、ピオグリタゾンは、ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体γ(PPARγ)を調節する薬剤であり、脂肪酸酸化を促進することによって肝脂肪症を軽減し、NAFLD患者の肝脂肪酸合成を阻害する。しかし、これらの薬剤単独の使用は、NAFLDの治療において必ずしも十分ではない。したがって、難治性NAFLDの患者には追加の薬剤の使用が必要である。

DPP-4阻害薬シタグリプチンはGLP-1の作用を増強する。インクレチンであるGLP-1は、脳、膵臓および筋肉を含む様々な組織で発現されるGLP-1受容体を活性化することによってグルコース代謝を調節することが知られている。最近、Guptaらは、GLP-1受容体が肝細胞に存在することを実証した。実際、GLP-1は、インスリン感受性を改善することによってob / obマウスの脂肪肝を軽減した。シタグリプチンはGLP-1活性を増強するため、NAFLD患者に対する有望な治療選択肢である。

シタグリプチンの脂肪肝改善作用

シタグリプチンの脂肪肝改善作用は他にも認められている。ヒトの研究において、シタグリプチンのNASH改善作用が示されている。船橋市の糖尿病内科においても頻用されているシタグリプチンは、脂肪肝を合併する2型糖尿病患者さんの治療に有用である。

-DPP-4
-,

Copyright© 船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.