インスリン

ノボノルディスク、経口インスリンi338の製品化を断念!!

ノボノルディスク、経口インスリンi338の製品化を断念!!

novonordisk

novonordisk

ノボノルディスクファーマの経口インスリンi338は有効とみられるが、利潤が見込めないので製品化しない、と結論されている。グラルギンに非劣性であるが、恐らく2700-16200nmolのi338の量が多い(=高く付く)のだろう。高額になってしまって使う人がいないと考えたのだろう。吸入インスリンと同じ壁に阻まれた。インスリン依存の糖尿病患者さんが注射から解放される期待があったが、とても残念である。

Efficacy and safety of oral basal insulin versus subcutaneous insulin glargine in type 2 diabetes: a randomised, double-blind, phase 2 trial

Lancet Diabetes Endocrinol. 2019 Jan 21. pii: S2213-8587(18)30372-3.

2型糖尿病における経口基礎インスリン対皮下インスリングラルギンの有効性と安全性:無作為化二重盲検第2相試験

背景

門脈経路で循環に入る経口インスリン338(i338)は、吸収促進剤カプリン酸ナトリウムと共に錠剤に製剤された長時間作用型の基礎インスリン類似体である。2型糖尿病患者におけるi338と皮下インスリングラルギン(IGlar)の有効性と安全性を検討した。

方法

この検討は、フェーズ2、8週間、無作為化、二重盲検、二重ダミー、能動的に制御された並行試験で、ドイツの2つの研究機関で行われた。メトホルミン単独療法での治療が不十分であるか、他の経口抗糖尿病薬との併用が不十分な2型糖尿病のインスリン未治療成人患者(HbA1c 7.0-10.0%; BMI 25.0-40.0Kg/m2)を無作為に割り付けた(1:1)1日1回のI338 +皮下プラセボ(i338群)または1日1回のIGlar +経口プラセボ(IGlar群)の投与。無作為化は、経口抗糖尿病薬によるベースライン治療によって層別化された対話型ウェブ応答システムによって生じた。患者と研究者は治療の割り当てに対して隠されていた。毎週のインスリン用量滴定は、4.4-7.0mmol/Lの自己測定空腹時血漿グルコース(FPG)濃度を達成することを目的とした。一次エンドポイントは、8週時点での空腹時血糖である。

推奨される1日の開始用量は2700nmolのi338または10U IGlarであり、試験全体の最大許容用量は16200nmolのi338または60U IGlarであった。主要評価項目は、少なくとも1用量の治験薬を投与されたすべての無作為に割り付けられた患者の8週時点でのFPG濃度の治療差であった(すなわち、全分析セット)。試験は完了し、ClinicalTrials.gov、番号NCT02470039に登録されている。

*訳者注:4.4-7.0mmol/lということは、79.28 mg/dL-126 mg/dlを血糖値の目標としたということ。

結果

2015年6月1日から2015年10月19日の間に、82人の患者が適格性についてスクリーニングされ、50人の患者が無作為にI338群(n=25)またはIGlar群(n=25)に割り当てられた。ベースライン時の平均FPG濃度は、I338群で9.7(SD 2.8)、IGlar群で9.1(1.7)であった。8週での最小二乗平均FPG濃度は、I338群で7.1mmol/L(95%CI 6.4〜7.8)、IGlarで6.8 mmol/L(6.5〜7.1)であった。有意な治療差はない(0.3 mmol/L [-0.5〜1.1]; p=0.46)。i338およびIGlarは患者によって十分に許容された。i338,IGlarとも無差異の一次アウトカム有効性があった。安全性にも問題はない。有害事象は、I338群の15人(60%)の患者およびIGlar群の17人(68%)の患者で報告された。最も一般的な有害事象は下痢(各グループで3例[12%]の患者)および鼻咽頭炎(i338グループで5例[20%]およびIGlarグループの2例[8%])であった。ほとんどの有害事象は軽度の等級付け(68の事象のうち47)であり、重篤な有害事象は報告されていない。IGlarグループの1人の患者は、治療に起因する重大な有害事象(治療に関連する可能性が低いと研究者によって評価された、中等度の強度の泌尿生殖器出血;患者は回復した)を有した。低血糖の発生率は両方の群で低く(Ii38群ではn=7、IGlar群ではn=11)、重症のエピソードはなかった。

結論

i338は、2型糖尿病のインスリン未投与患者において血糖コントロールを安全に改善することができるものの、広く使用されている皮下投与される基礎インスリンであるインスリングラルギンと比較して、違いがあるという(メリットがあるという)エビデンスがない。この特定の経口インスリンプロジェクトのさらなる開発は、i338の投与量が多かったため中止された。結果、i338を一般に製造販売することは商業的に無理があると考えられた。継続的な研究による技術的ブレイクスルーが必要である。

-インスリン
-

Copyright© 船橋の糖尿病内科 | しもやま内科 | 循環器内科、甲状腺内科 、呼吸器内科 , 2019 All Rights Reserved.