船橋市の糖尿病専門医・糖尿病指導医による糖尿病専門サイト。

船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医

「脂質異常症」 一覧

no image

米食品医薬品局(FDA)がロスバスタチンの適応拡大

2015/2/25  

米食品医薬品局(FDA)はロスバスタチン (商品名:クレストール)の適応を拡大した。JUPITER試験の結果を受け、hs-CRP高値かつ心血管ハイリスク群の患者の心血管イベント「初発予防」に適応を拡大 ...

no image

ノルバスク+リピトール=カデュエット その2

2010/9/25  

ノルバスク+リピトール=カデュエット その2 間もなく発売されるノルバスクとリピトールの合剤であるカデュエット。近頃の合剤ブームを象徴する商品といえる。9月9日の日本経済新聞朝刊でもこの薬剤が取り上げ ...

no image

ノルバスク+リピトール=カデュエット その3

2010/9/18  

ノルバスク+リピトール=カデュエット その3 これまでの2記事でカデュエットを論じてきた。カデュエット特集第3弾として、アトルバスタチン投与による冠動脈疾患発症率やイベント再発低下についてこれまで報告 ...

no image

動脈硬化は自分で気づけない

2010/8/26  

アストラゼネカ/塩野義が動脈硬化性疾患抑制の啓発キャンペーンを行っている。通勤電車に乗るサラリーマン男性の背中に張られた動脈の絵。プラークが破綻し、みるみる血栓閉塞していく。その男性は突然倒れる。それ ...

no image

ノルバスク+リピトール=カデュエット その1

2018/4/22  

ノルバスク+リピトール=カデュエット その1 ノルバスク(一般名:アムロジピン)とリピトール(一般名:アトルバスタチン)の合剤であるカデュエットがまもなく発売される。日本での規格は、ノルバスクの2規格 ...

no image

クレストール、EUで「心血管イベント発症の一次予防」の適応

2018/4/16  

英Astra Zenecaのクレストールが、EUにおいて心血管イベント高リスク患者の「心血管イベント発症の一次予防」に対する適応追加となった。AZの資料によれば、下記の患者が該当する。 * 高リスク患 ...

no image

LDL-C直接測定法

2010/5/6  

日本動脈硬化学会がLDL-C測定法について、急速に普及しつつある直接測定法について,現時点では測定精度が十分なレベルに達していないとの認識を示し,LDL-C値は「総コレステロール(TC)−HDLコレス ...

no image

エパデールのOTC

2018/4/22  

大正製薬が持田製薬のEPA製剤「エパデール」のスイッチOTCが発売する模様だ。JELISで抗動脈硬化作用が証明されているので効果は期待できる。メタボリックシンドロームに対する関心の高さから、一般の方が ...

no image

DHAとEPAはテロメア短縮を遅延させて細胞の老化を防ぐ可能性

2018/4/22  

DHAとEPAはテロメア短縮を遅延させて細胞の老化を防ぐ可能性 魚油の有効性に新しいエビデンスが。EPAとDHA。EPAといえばエパデールであるが、現在武田薬品工業がEPA/DHA製剤の国内治験をして ...

no image

FDAがシンバスタチン・エゼチミブ併用によるがんリスクについて見解

2010/1/18  

FDAがシンバスタチン・エゼチミブ併用によるがんリスクについて見解 2008年8月に発表されたSEAS試験。シンバスタチンとエゼチミブによる厳格な脂質低下療法は大動脈狭窄症の改善をもたらすかが検討され ...

Copyright© 船橋市の糖尿病内科・糖尿病専門医 , 2018 All Rights Reserved.