脂質異常症

エパデールのOTC

投稿日:27/04/2010 更新日:

エパデールのOTC

epadel

epadel

大正製薬が持田製薬のEPA製剤「エパデール」のスイッチOTCが発売する模様だ。

JELISで抗動脈硬化作用が証明されているので効果は期待できる。メタボリックシンドロームに対する関心の高さから、一般の方が薬局で(処方箋なしで)買える高脂血症治療薬の最有力候補になるだろう。このスイッチ薬は持田製薬が2009年に承認申請しており、大正製薬が販売する契約を同年に結んでいた。大正製薬は持田製薬の承認を得られ次第、早期に発売し、約900人の営業担当者を生かして売り込む。

(更新)2013年4月に発売された。大正製薬が「エパデールT」、日水製薬が「エパアルテ」の製品名。1包中に600mgを含有している。健康診断等で指摘された“境界領域の中性脂肪値の改善”を効能とするスイッチOTCで、中性脂肪値が「150mg/dL以上300mg/dL未満」の人に限り服用できる。

-脂質異常症
-

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2019 All Rights Reserved.