SGLT2

エンパグリフロジンは糖尿病前症のob/ob-/-マウスにおいて冠微小血管機能と心臓収縮性を改善する

投稿日:10/12/2009 更新日:

エンパグリフロジンは糖尿病前症のob/ob-/-マウスにおいて冠微小血管機能と心臓収縮性を改善する

エンパグリフロジンの心臓への作用

エンパグリフロジンの心臓への作用

SGLT2 inhibition with empagliflozin improves coronary microvascular function and cardiac contractility in prediabetic ob/ob-/- mice.
Cardiovasc Diabetol. 2019 Feb 7;18(1):16.

背景

SGLT2阻害薬は、死亡率と心不全による入院の危険性を減らすことが初めて明らかになった糖尿病治療薬群である。臨床試験では、SGLT2阻害薬が、体重および血糖の低下、グルカゴン/インスリン比の上昇、ならびに血中ケトン濃度の緩やかな上昇を特徴とする空腹時代謝への全般的な移行を促進することが示されている。したがって、ob/ob-/-マウスにおける代謝変化と心血管機能との関連性を調べた。冠状動脈の微小血管機能に特に焦点を当てた初期糖尿病のげっ歯類モデル。レプチン欠乏症のため、これらのマウスはメタボリックシンドローム/糖尿病およ脂肪肝を発症する。それらはまた、心臓収縮性および微小血管機能不全を発症し、そしてそれ故、心臓代謝性疾患の翻訳研究のための有望なモデルである。我々は、このマウスモデルが代謝パラメーターの観点からエンパグリフロジン治療に対してヒト様の様式で応答するかどうかを調べ、それが冠状微小血管機能および収縮能力に直接影響を及ぼし得るという仮説を検証した。

方法

ob/ob -/-マウスをSGLT2阻害薬投与群とob/ob-/- 非投与群にわけ、10週間追跡した。冠動脈流速予備能(CFVR)および分画面積変化(FAC)を非侵襲性ドップラー超音波画像診断でモニターした。食物摂取量、尿中グルコース変動、およびHbA 1c測定によるグルコース制御を試験を通して追跡した。脂肪肝は、組織学的検査および試験終了時に決定された代謝パラメータによって評価した。

結果

ob-/-マウスにSGLT2阻害薬を投与すると、臨床試験で観察されたように、異化の亢進がみられた。血中コレステロールおよびHbA1cは減少したが、グルカゴン/インスリン比およびケトンレベルは増加した。SGLT2阻害薬による治療は、肝のトリグリセリド、脂肪肝および肝機能障害の指標であるアラニンアミノトランスフェラーゼを減少させた。内皮機能のマーカーであるL-アルギニン/ADMA比が増加した。SGLT2阻害薬投与は、それぞれFACおよびCFVRの改善によって示されるように、心臓収縮機能および冠状微小血管機能の両方を改善した。

結論

ob-/-マウスにSGLT2阻害薬を投与すると、代謝および心血管の改善に関する主要な臨床所見の改善がみられ、したがって有用なトランスレーショナルモデルである。我々は、SGLT2阻害が冠状動脈の微小血管機能および収縮能力を改善することを実証しており、これは前糖尿病および心不全の前臨床モデルにおける既知の代謝変化と共に、ヒトにおけるCVイベントに関して大きな期待を抱かせる。

-SGLT2
-,

Copyright© 船橋市 1型糖尿病のための糖尿病専門医クリニック , 2019 All Rights Reserved.