SGLT2

SGLT2阻害薬とメトホルミン:2型糖尿病における併用療法と代謝性アシドーシスのリスク

投稿日:30/06/2010 更新日:

SGLT2阻害薬とメトホルミン:2型糖尿病における併用療法と代謝性アシドーシスのリスク

メトホルミン

メトホルミン

SGLT2 inhibitors and metformin: Dual antihyperglycemic therapy and the risk of metabolic acidosis in type 2 diabetes.

Eur J Pharmacol. 2019 Jan 10. pii: S0014-2999(19)30010-X.

2型糖尿病の罹患率は、米国および世界中で上昇しており、1980年から2014年の間に4.7%から8.5%に世界的な罹患率が増加している。様々な抗糖尿病薬が異なる作用機序で利用可能である。血糖コントロールを改善するために複数の薬剤が併用されることがよくあります。最新のクラスの経口糖尿病薬はSGLT2阻害剤または「フロジン」である。最近の臨床ガイドラインは、メトホルミン単独では血糖目標を達成しない患者における追加治療として、またはより高い糖化ヘモグロビン(HbA1c)レベルを示す患者におけるメトホルミンによる最初の二重治療としてのSGLT2阻害剤の使用を示唆している。FDAは、利用可能な3種類のSGLT2阻害薬(カナグリフロジン、ダパグリフロジン、およびエンパグリフロジン)とメトホルミンのそれぞれとの固定用量配合(FDC)錠を承認している。どちらの薬物クラスも、乳酸性アシドーシス(メトホルミンを含む)および正常血糖性糖尿病性ケトアシドーシス(SGLT2阻害薬を含む)を含む代謝性アシドーシスに起因するまれではあるが深刻な生命を脅かす合併症と関連している。このレビューは薬物動態とメトホルミンとSGLT2阻害薬の分子標的に関する現在の文献をまとめたものである。それはまた、一般的な悪影響に対処し、それによってこの併用療法が高アニオンギャップ代謝性アシドーシスに寄与する分子メカニズムを強調している。結論として、メトホルミンとSGLT2阻害薬の併用は低血糖のリスクが低い状態で血糖コントロールを改善する上でより良い選択肢となるだろうが、併用療法中の代謝性アシドーシスのリスクの増加は心に留めておくべきである。

-SGLT2
-

Copyright© 船橋市 1型糖尿病のための糖尿病専門医クリニック , 2019 All Rights Reserved.