NAFLD 糖尿病内科

2型糖尿病とNAFLDの合併

投稿日:29/01/2016 更新日:

2型糖尿病とNAFLDの合併

脂肪肝

糖尿病内科の患者さんに少なくないのが、非アルコール性脂肪性肝疾患(Non-alcholic fatty liver disease:NAFLD)です。

NAFLDは2型糖尿病発病のリスクファクターであることが知られています*。肝臓から分泌されるサイトカインを「ヘパトカイン」と称しますが、これが耐糖能障害に関与していると考えられているのです。糖尿病患者さんにお伝えしたい。

Fukuda T,et al: The impact of non-alcholic fatty liver disease on incident type2 diabetes mellitus in non-overweight individuals.

Liver Int,2015

糖尿病罹病歴が明らかでない症例でも、NAFLDをみたら日常診療において定期的にHbA1c,血糖をチェックすること、75g OGTTを検討することが望ましいと言えます。

耐糖能障害に関与するヘパトカインの代表に selenoprotein P (SeP), leukocyte cell-derived chemotaxin 2 (LECT2), Fetuin-Aがあります。

Selenoprotein P はインスリン抵抗性を誘導し、血管新生を抑制します。LECT2は骨格筋におけるインスリン抵抗性を誘導します。Fetuin-Aは慢性炎症を引き起こします。

-NAFLD, 糖尿病内科
-

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2018 All Rights Reserved.