糖尿病合併症

血糖降下薬の心血管アウトカム試験:最新情報

投稿日:12/07/2010 更新日:

血糖降下薬の心血管転帰試験:最新情報

糖尿病薬の心血管アウトカム

糖尿病薬の心血管アウトカム

Cardiovascular outcome trials of glucose-lowering medications: an update.

Diabetologia. 2019 Jan 3. doi: 10.1007/s00125-018-4801-1.

血糖降下薬(リナグリプチン、アルビグルチドおよびダパグリフロジン)の3つのさらなる心血管アウトカム研究が最近発表されており、12の初期のクラス内研究に追加されている。リナグリプチンの試験(CARMELINA)は、腎臓病および以前の心血管アウトカムを有する人々を募集し、この薬剤に関連する心不全の危険性なしに、DPP-4阻害薬の全体的な心血管安全性(および他の安全性)を確認した。しかし、DPP-4阻害薬に関する以前の2つの研究(シタグリプチンとサキサグリプチン)の知見と合わせて、3つのDPP-4阻害薬の心血管アウトカム試験(CVOT)は、膵炎のリスクに関する安全信号を強調している。CARMELINAのように、アルビグルチド研究(Harmony Outcome)は非常に高い心血管イベント発生率を示した。短期間の研究であるにもかかわらず、アルビグルチドは、GLP-1受容体アゴニスト(GLP-1RA)に関するリラグルチドとセマグルチドといった以前の研究と一致して、現存する心血管疾患を有する人々における主要有害CV事象(MACE)コンポジットの減少に対して強い優位性を示した)。正の効果は、12ヶ月前からこれらすべての薬に対してみられ、試験期間全体にわたって続いた。アルビグルチドに関する新たな安全性の問題は確認されておらず、このクラスに対する膵炎または膵臓癌リスクが低いことが現在明らかになっている。SGLT2阻害薬クラスに関して、(ダパグリフロジンの)DECLARE-TIMI 58研究は、心血管疾患を有する者、そしておそらく心血管疾患既往を有さないであろう者において心不全に対する強力な保護を明らかに示している。ダパグリフロジンによる腎機能低下に対する強力な保護作用もあり、以前のエンパグリフロジンおよびカナグリフロジンについて報告されているのと同様、DECLAREにおいても腎リスク軽減が推定される。しかし、ダパグリフロジンを用いたMACEの転帰に関する所見は、エンパグリフロジンおよびカナグリフロジン試験と一致しておらず、クラス全体および長期にわたって説得力のあるほど優れているとは言えない。SGLT2阻害薬クラスの薬を足の血管障害または以前の下肢切断術を有する人々、およびケトアシドーシスに関してインスリン使用者に処方するときには注意が必要である。まとめると、これらの新しい研究からの知見を考慮して、GLP-1RAは心血管疾患および2型糖尿病を持つすべての人に提供されるべきであり、SGLT2阻害薬は心不全の危険性が高い人またはeGFR低下が進行する例に奨励される。DPP-4阻害剤は、段階的血糖改善アルゴリズム内の安全な選択である。

-糖尿病合併症
-

Copyright© 船橋市の糖尿病専門クリニック , 2019 All Rights Reserved.