SMBG

Freestyle libre 1月17日発売

更新日:

Freestyle libre待望の発売

FreestyleLibre

FreestyleLibre

やっと発売になりましたが、保険適応外であることにご注意ください。自費診療です。

日本では原則として混合診療は認められていません。ある疾患に対して保険診療と自費診療を同時に行う混合診療は禁じ手とされ、全額自費になってしまうという理不尽な制度があります。

フリースタイルリブレの経過措置

今回のフリースタイルリブレのケースは特殊です。保険適応が始まるまでの期間限定の経過措置として、「保険外併用療養費に係る厚生労働大臣が定める医薬品等」の対象として、医療機関が所定の手続きをしたうえで処方実績を報告することにより、混合診療には抵触しないとみいう特殊な解釈がなされました。実際の使用に関して施設要件が設定されており、保険適応に関しては都道府県によって解釈がまちまちである恐れがあります。今後導入をご検討されている医療機関におかれましては、所轄の厚生局にご確認をお願いします。

Freestyle libreの使い道

今まで評価が困難であった夜間低血糖、食後高血糖がリアルタイムでわかります。基礎インスリンの容量調節、CSIIの症例においてはベーサルのプログラミングに非常に有用なデータが得られるでしょう。最大2週間継続的測定可能であるため、GLP-1受容体作動薬(特にWeekly製剤)の効果判定に有用であろうと思います。もともと1型糖尿病の方のために開発されてきたものですが、その簡便さから2型糖尿病も含め、初期の糖尿病にも幅広く有用であると考えます。動脈硬化の原因となるグルコーススパイクを効果的に評価できる点が画期的でしょう。

-SMBG
-

Copyright© 船橋糖尿病クリニックブログ , 2018 All Rights Reserved.